« 2010年1月 | メイン | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

ソフトテニス(10.2.27)

前回のインドア、 「人来ねぇ~状態」 から一変。

試し参加の3名加えて、9人での2hコースでしたが、例年なら凍えながらのはずが・・・

「暑っ!!!」 でした。

    

さて、練習は2hしかコートとっておらず、人数も多いのでかなりのハイペースで進行。

乱打、少しだけ前衛基本練習、サブレブ、ゲーム(2GM or 1GM) です。

002_4

(本日の紅一点もキレがありました)

003_2

(河さんも熱血指導中)

 

一方、わたくしは、去年の末に今年こそはきちんと練習しようと心に決めたのに

今年に入ってラケット握るのは2回目です。。。。

当然ながら、

「当たらない。打っても、パコパコ音。ボレーは散々。バックハンドに至っては・・・」

と、かなり悲惨な状況も、徐々にはペース掴んでくるも、今日は手打ちが多かったフォームを、

ただいま反省中です。

ただ一言、言い訳するならば・・・・

今日は朝に長女と末娘と3人で伏見港公園の温水プールに出かけ、

水にひたってるだけのはずが、何気なく往路で25mをクロールで泳ぎ!!

さらに、復路で25mを平泳ぎ!!

調子に乗って、さらに25Mをクロールで向かうも!! 10M泳いで、頓挫。

まぁ、今日は腕もパンパンだったということで!!

実態は、単にテニスの修行不足ですけどね。

  

そういえば、今日は息子がサッカーの何処かの少年団主催の何たらカップに行っていて、

2010年 初ゴ~~~~~ル 

   により、僕のテニス中に家族の皆さんは回転寿司にいかれたそうで、羨ましい。

  

しかし、今日の鹿島VSガンバをTV観戦してましたが、興味がないからか、つまらんです。

   

 

2010年2月25日 (木)

夢ボックス到着!

待ちにまった 京都サンガオフィシャルファンクラブ特典

その名も        夢ボックス 

この豪華さは公式でも見てたので、驚かないつもりが、やっぱ驚きましたわ!

15th anniversary にしても超豪華。

001

(横のショルダーバックは2009年来場記念品)

夢ボックスを開けてみると・・・・・・

002

シーパスがきちんと入ってるか心配だったもので、真っ先に確認したのは、会員カード。

     

まぁ、その他諸々とも、「今までのはなんだったんだ?」 と思えるほどのいい感じ。

詳しくは明日以降に中身確認するとして、BOOKのヤナギへのインタビューに感動です。

 

「誰が何と言おうと、僕たちはタイトルを狙っていきますよ。」

って、まじで泣けてきます。。。。

ヤナギは京都に来たときの目標も「優勝」だったからね。

僕も俺たちの京都のために、今年も西京極にいきまくろう!!と改めて決意です。

  

話しかわって、かな~り、レベルの低い話ですが、    

僕もソフトテニスの試合は常に優勝しか目指していません!

優勝目指すと豪語しながらも、競技歴約25年ながら、全く優勝経験はありませんが・・・・・

優勝へのこだわりbyソフトテニス

2010年2月24日 (水)

Tokyo Disney Resort(おまけ)

タロファ~

ではなく、アロハ~ 

アロハ~といえば、ハワイ。ハワイ+Disneyといえば、 「ポリネシアン・レストラン」

本当は去年、Disneyにつれてくるつもりでしたが、未曾有の大不況にびびってしまい、

延期してしまったのと、そうそう来れるとこでもないのと、末娘がスティッチ好きということも

あり、事前に予約しておいた

      「ポリネシアン・レストラン:リロ&スティッチ リロのルアウ&ファン」

1か月前の予約時でも空席少なく、値段も 「高っ!」 でしたが、結構ナイスなとこで!!

 

016

009

012

(飲み物はフリードリンク。何杯おかわりしたことか)

   

そして、食事開始とともに・・・・

スタート!!

019

  010

  011_9

    

ショーの途中ではキャラクター全員(ミッキー、ミニー、リロ、チップ、デール、スティッチ)

が、各テーブルにきてくれてふれあいて、更に記念撮影もでき、末娘は興奮の坩堝へ!!

013

014

015

そして、最後には待望のスティッチがやってきて・・・・

017_2

(ちょっかい出したので、やられてます・・・)

018

(長女には優しく抱擁)

    

この後、子供達の希望者は全員がステージ上で、ミッキー達とフラの競演です。

「姉ちゃん、兄ちゃん3人で行ってくるか?」と冗談で聞いたのに、

「うん!!」とすたこらさっさと、先頭きってステージに向かい、何となくフラを踊ってました。

たくましさを感じた瞬間でした。。。

2010年2月23日 (火)

Tokyo Disney Resort(3日目)

最終日となる3日目は、再び Disney land 

前夜の爆睡で、HPも80%程度は回復のため、開園と同時に、走る・走るの走りまくり・・・・

さすが、日曜日。しかも暖かな日曜とあって、人の多さも、半端ないです。

まさに! 「マラソン大会 in Disney land」 

  

うちの狙いは初日に乗り損ねた、スペースマウンテン。

さらにFP奪取と相変わらずの乗り物組みを尻目に、僕は末娘と穏やかな過ごしです。

027

チップ&デールの家でひたすら、チップ&デールを探す末娘。

028

蒸気船に乗ってみたり。。

ジャングルクルーズで大泣きしてみたり。。

で、

初日は乗り物三昧で見逃した、

「リズム!メロディ!ハーモニー!」

029

030

031

そして、楽しかった一時も、残りわずかとなり、

032

昼寝中の娘を起こして、再び、バズライトイヤーを堪能し、帰路へ・・・・・

の、はずが!

この後も、スターツアーズ待ち時間10分の標識発見とともに、渾身のダッシュで悪あがき!

   

そんな、こんなで、Tokyo Disney Resort の旅も終了!

 

Tokyo Disney Resort(2日目)

2日目は Disney sea です。

024_2

開園・入場と同時に、

「ここは東京マラソン??」 と思わせる、皆さんの力走につられ、

僕も去年の運動会でのパン食い競争。はたまた、ソフトテニスの試合並みに走りまくりです。

  

目的は、 「タワー・オブ・テラー」

会場での気味の悪いまえふりに、びびる息子。そして、それを嘲る娘。

ところが・・・・

実際に、落ちる際、「面白い~!!」 と騒ぐ息子の横で、「怖い~」 と泣いている娘。

「二度と乗りたくない!」という娘には賛同できる父でした。。。。

023_2

しかし、FPなければ、3h待ちとなる、「タワー・オブ・テラー」 は、おそるべし・・・

で、この後も、FP駆使して、アトラクションを満喫です。

が!!

前日からの疲れもピークに達し、翌日の最終日に備えるためにも、

今回は 「ブラヴィッシーモ!」  を見ずに、早めにホテルへ戻り、

大浴場にて、ゆったり・まったりした2日目も終了!!

 

2日間の写真の少なさが物語るよう、夕方には既に「ぐでんぐでん」状態ながらも、

SEAを出る直前気持ちを振り絞り、「タートル・トーク」 によりましたが、これは結構良かった!!

025_2

2月だし、寒くて冷え込むかな? と思っていたけど、

結局は3日間通して、寒くもなく、時間帯によっては暑いとさえ感じる日々でした。

1人がアイスといいいだすと、最低3本は必要になるわけで・・・

2010年2月22日 (月)

Tokyo Disney Resort(初日)

6:20分の新幹線に乗り、今回の旅の目的地は、

007

Disney

先ず、初日には Disney land です。

数年ぶりの 夢の国ですが、平日の金曜日だというのに、なんと人多いこと。。。

  

お初のモンスターズインクハニーハントのFPとって、ショー見て、先ずは、お約束の・・・・

006

ミート・ミッキーに並ぶこと、約1時間。小学生組みは勝手に何かの乗り物乗りに行き、

嫁さんと末娘の3人で待ち続けて、やっとのご対面!!

001

「まだ、3歳だし泣くかな??」 の心配をよそに、同グループの最後だったってこともあり、

少し長めのミート・ミッキータイムの発動です。

ミッキーに抱っこされるとか、かな~り満喫できた末娘。

  

そして、昼のパレード 「ジュビレーション」

002

004

僕的には、今回の旅の中では、これが一番良かったです。。

  

この後、イッツアスモールワールドやトムソーヤいかだでは全く物足りない小学生組みは、

狂ったように、ビッグサンダーマウンテンに2人で乗りまくり。

こいつらには、「ひらぱ~」で十分だったのか?と思わせる程のアトラクション系です。。

  

そして、定番の・・・・

(この間も、小学生組みは親の「パレードみとけ!」脅しも通じず、ビッグサンダーマウンテン)

020

021

いや~~、何度見てもいいもんです。

で、閉園1hを切ったここからが、更に怒涛の乗り物ラッシュ。

21:00閉園のはずが、20:50から、何気なく、バズライトイヤーに並ぶわで、

ホテルに着いたのは、23:00頃、家族全員、超くたくたの1日目がやっと終了!

  

008

どうしても、欲しかったみたい!!

2010年2月21日 (日)

2009年来場記念

この3日間。楽しいようであり、嬉しくもあり、過酷な旅に出ていました。。。

Jリーグ開幕するし、息子も4年になれば、一段とサッカー漬けになる為、敢えてこの時期の旅

旅の話はおいといて・・・・

家に帰れば

     きてました!!

2009年パーサクラブ 来場記念!!

去年のエコバッグにつづく、かばんシリーズとして、

Photo_2

ショルダーバック ですが、いい感じ!!

もう少し、紫多く、文字とか、サンガを押し出してもいいのでは?と思うも、

色々、使えそう。

もう少し、早く届けば、旅のお供にできたのに・・・・

旅の行き先は、

005

2010年2月18日 (木)

動員30万人!?

今年の西京極動員30万人の目標らしいですが、

これって、ナビスコ予選入れても、毎試合1万5千人が必要。

   

まぁ、目標は高くということで・・・・・

で、京都の会社の多くは、商工会などを通して、フロントからのチケ販売攻勢があるなか、

うちの会社でも、2年前までは、

SM席の通し券を購入⇒福利厚生の名目でのばら撒き時期がありましたが、

去年の不況では、福利厚生凍結。で、今年は希望者への斡旋販売へと方向転換。

    

それならと、早割りチケットの方が安いけど、子達の分(10枚程)でも買おうかな。と思ってたら、

社内の希望者は、なんと 0人!!

業務は違えど、同じ総務の仕事。たった一人のために請求きってもらい、

人事に天引き処理してもうらうのが、申し訳なくて・・・・・

       と、いうか僕が反対の立場なら、めんどくさい奴やな!と半ギレるでしょう。

で、結果は笑顔で  「じゃあ、やめときますわ。。。。」 のお返事です。

     

うちの会社の人も、僅かながらサンガサポいますし、

バラまき時代は、そこそこの取り合いだったし、今期は、前期・後期の期間内チケ復活なのに

0はないだろう。。。。。

 

さて、今年の動員数や如何に!!

2010年2月17日 (水)

かごめかごめ

最近の末娘のお気に入りは、

004

かごめ歌です。保育園でもやってるみたいですが、家でも並べてますわ。

  

可愛らしいお遊戯とは別に、今もって、かごめ歌の解釈は多いですね。

そもそも、意味不明の歌詞ですし、本でかじった2,3説は記憶にあった程度なので、

元々、史学部希望だった血も騒いで、少し気になるから、ネットで調べてみたら、

色んな説がありまくるのに、びっくり仰天!!

2010年2月16日 (火)

TM VS清水

代表の試合なんぞ見てても、つまらん。(子供達のサッカーの方がまだ見てて面白い)

はぁ・・・・

3月7日が待ち遠しい。

今年は、開幕の神戸戦から6節の名古屋まで行くつもりが、3月の静岡出張が中止となり、

磐田(ヤマハ)は暗雲立ち込める今日この頃。

    

「じゃあ、サンガの試合は面白い?」 と聞かれたら、

あのドキドキ感は、結果や内容を超越できる体感という意味では、最高です!!

でも、今年こそはワクワクしたいな~と期待に胸弾ませがら、

少し、良いニュース。

  

サンガ公式より!

2月16日(火)、鹿児島ふれあいスポーツランドで行われました練習試合(vs.清水エスパルス)の結果をお知らせいたします。

■日  時:2010年2月16日(火)
■会  場:鹿児島ふれあいスポーツランド
■対戦相手:清水エスパルス
■試合結果:1試合目(2-2)、2試合目(0-0)
■得点経過:
≪1試合目≫
2分(京都/柳沢)
51分(京都/ディエゴ※PK)
※京都のみ表記
■出場メンバー
≪1試合目≫
水谷雄一、増嶋竜也、水本裕貴、森下俊、中村太亮、片岡洋介、チエゴ、ディエゴ、渡邉大剛(60分→角田誠)、鈴木慎吾、柳沢敦(63分→ハウバートダン)

≪2試合目≫
平井直人(HT→児玉剛)、西野泰正、郭泰輝、染谷悠太、福村貴幸、加藤弘堅、安藤淳、山田俊毅(U-18※2種登録)、角田誠、宮吉拓実、ハウバートダン

清水エスパー公式より! (一部追記・・・)
(略)
キャンプ最終日に結果と成果が欲しかったせいか、やや硬さの見える立ち上がり。全体的にラインを上げて攻めに出ようとしたところで、いきなりディフェンスの背後を取られて、GKと1対1の場面を招き、あっさりと失点してしまう

【うそ~~。開始早々にやられることはあっても、やるとは・・・。

                    さすが、ヤ・ナ・ギ! ゲットゴール!!】

その後もシンプルにパスをつなげず、後手後手になり、相手にボールポゼッションされて受けにまわる場面が多くなる。 【ポゼッションしてる???】

これまでのトレーニングマッチでは見られない光景に、相手が同じJ1であることを実感させられた。 【お褒めの言葉に、感謝・感謝】

その後はゴールを死守するも、思うようにボールを奪うことができず、ボールを奪って攻撃に出てもシステムの特性を出しきれず、シュートチャンスがほとんどないままに前半を折り返した。

(略)後半5分小野が足裏で巧みにコントロールしてシュート。これが決まり、試合が振り出しに戻る。しかし、同8分にディフェンスの裏へのボールに対し、マークの受け渡しから対応が遅れ、PKを与えてしまう。これで再び京都にリードを許したが、その3分後には、原が落ち着いてこれをシュートし、再び追いついた。その後、枝村や太田を投入し、さらに相手ゴールに襲いかかるものの、チャンスを活かしきれず2-2のまま試合終了となった。

2試合目:

(略)1試合目よりもボールポゼッションが高く、エスパルスが求めている戦い方になっていた。

ついでに・・・

ネッツトヨタ山梨よりパウリーニョ選手へ車贈呈 [ 甲府 ](10.02.16)

この度、ネッツトヨタ山梨株式会社様より、パウリーニョ選手へ車を贈呈していただけることになりましたのでお知らせいたします。
車種:BOXY
  
  
京都の時と小さな車と比べて、でかいぞ!! 運転大丈夫か、パウ?