« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

2012年第11節 VS松本

少年達の交流試合への車出しということで、朝から北区の方までdash

Cimg3397

終了後は、GW真っ只中の京都市内を駆け抜け(少し急いで)帰宅

  

だって、今日は BSでのJ2放映DAY(生中継) されてる 第11節 VS松本 である。  

なんとか後半開始数分後から観戦できた訳だが

結果は、スコアレスドローの引き分けながら、後半のあの出来では 「 ・・・・ 」 かと

   

前節大分戦後は、まだ希望・願望をこめ

「まだ10節が終わっただけ  今から、今から、全然大丈夫coldsweats01」 とか書いてたけど

    

今節(第11節 VS松本)終了後に思うこととして   「大丈夫かい??」

2012年4月29日 (日)

なんばへ

試合に向けそろそろ真面目に練習と思い、朝にコートに問い合わせすると

「終日、硬式の大会入っていて、今日は〇〇さん予約されていないよ!」とのこと

ショック満開 coldsweats02   今週も逃してしまった  crying

     

さて、今日は大阪へ行く計画をたてていた嫁&長女&おちびに急遽帯同し

なんばへついて行ってみたものの僕とおちびは特に何するでもないので

そこら辺をぶらぶらしてたら

   

AKB48 CAFE&SHOP なんば店 を発見

「ともちん」「あっちゃん」と連呼するおちびと共に入場制限中の入店待列に並んでみた

Cimg3393

店内の少年・少女達が目をキラキラshineさせて、色んなグッズや撮影していたのが印象的

     

まぁ、今日はぐったりの1日となった

母親からは大阪人の血を受け継いでいるものの、どうも、大阪は苦手だ。。。

2012年4月28日 (土)

エスコートキッズ 2012年

小学6年生の息子にとって、これが最後となるかもしれぬ サンガエスコートキッズ

毎年の参加させてもらってとはいえ、みんながみんな当選するものでもないだろうが

結局、毎年やらせてもらい、本人も エスコートキッズ は年1回の超お気に入りの企画

なお今年の本人希望は 「工藤浩平」 or 「中村充考」 であった。。。

   

さて、僕は今年のエスコート衣装は知っていた(西京極でちびっ子が着てるのを見ていた)訳だが

息子には秘密にいていた!!

その衣装は こちら

Cimg3329

Cimg3330

    

事前練習を経て、昨年(最前列)とは正反対の最後列から2番目の位置に並んだ息子

結果、本人の希望も叶い 「No23 アツタカ(中村充考)」 となった

  

今年の情報を挙げるとすれば、例年選手が控えからピッチへ階段を上った時点で写真撮影が許可されるのだが、今年は撮影は一切禁止となっていた

   

無事にエスコートも終了し、試合終了後に記念撮影の写真を受け取った次第

Cimg3343    

  

  

さてさて

僕が今年のエスコート衣装を黙っていた理由・・・・

今は見慣れたからとはいえ、息子も嫁さんも今のユニデザインには苦言を呈していたから。。

ところが、本人は 「むっちゃいいやん」 とご満悦

家で見た嫁さん&長女も

「いつもの変なTシャツより 京セラ・任天堂 が入って これぞ、エスコート衣装」と言い出した

    

杞憂だった。。。。     

    

2012年4月27日 (金)

2012年第10節 VS大分

今日はエスコートキッズに当選していたので、半日休暇とって2人で西京極へ

Cimg3327

       

さすがに16:00頃のサンガフレンズスクエアは閑散としていたsweat01

普段はスクエアに寄らず、席で気持ちを盛り上げるというか「ぼっ~」と過ごすのだけれど

息子にとっては久々の西京極となるわけで、本人は、はりきってサッカー検定へdash

      

今日検定入口で呼び込みをされていたのは、池上正さんだった。 邪魔にならぬ程度でご挨拶

「サンガつながり隊」で息子の小学校に来訪・指導されたこと(僕がいう筋合いないけど・・)もだが

サンガタイムズ2012年4月号 Vol 2 に感動したことを伝えた。。。

「池上正のスポーツイノベーション 日本の少年サッカーに存在する常識は、非常識かも?」

は、うちの息子同様にいくら練習してもリフティング苦手という子達には必見eye 

       

またエスコートキッズの日は慌しいというか、忙しないというか、ノリに乗り遅れるというか

僕としてはあまり好ましくないものの、当の本人は毎年の恒例行事とあってノリノリhappy01

しかも、今日のエスコート選手は あの選手 だったので、 happy02 

で、エスコート終了後は、ダッシュで席に戻り、「いざ!!」

     

Cimg3326

   

その 「 いざ! 」もつかの間、あっさりと2失点するサンガ

応援する僕や息子を含む周りの人たちも、意気消沈というかいつもより元気がdown

選手達も前半は元気がなかったように見えた

  

後半もいまいちペースというかグダグダなまま、時間が過ぎていくも、

原一樹ゴールで一矢報い、ようやくお目覚めモードになるも、大分のガチガチ守備ブロックを

こじ開けられず、1-2で敗戦  前節(横浜FC)から連敗となってしまった。。。

Cimg3342

まだ10節が終わっただけ

「今から、今から、全然大丈夫coldsweats01と自分&息子に言い聞かせつつ重い足取りで帰路へ

     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

今日の僕らの応援中の格言?合言葉?  「おい、コーナーやろannoy」  

大人数名の熱い応援に 息子は苦笑い。。。 

  

2012年4月24日 (火)

初ライブ

日曜日、長女は友達とインテックス大阪へ NMB48の握手会へdash

Cimg7118   

むっちゃ人が多かったらしく、入るまで?券の交換? で2時間待。。。

単なる握手会だけでもないらしく、ミニライブもあった模様で、本人は大満足の様子だった

     

長女にとっては、初めてのライブということで、それなりに記憶に残る思い出かと。。。

 

2012年4月22日 (日)

天気がどうであれ

全日本少年サッカー大会の地域予選がはじまった

一発勝負では、見てるほうも「後がない感」満載につき、あまり行きたくなかったのだが

  

初日

Cimg7105

sun 天気がよいどころか、暑いくらいの みどりケ丘 は駐車場もいっぱい!!

      

やっぱ初戦というのは難しいようで、チーム全体が緊張気味のご様子で、ハラハラ勝利

Cimg7104

2試合目は、No14の出番はなかったが、0-2から同点においつき、PK戦延長で勝利

京都府大会への切符を手に入れた。。。

       

この試合では出場がなかった訳だがPK戦突入の際「もしピッチにいてて、PKがまわってきてたら・・・」

と、2年前のオーヤカップ準々決勝を回想してしまった次第

  

2日目

本当は自分の練習tennisで向島コートにいく予定が、朝からの raintyphoon につき断念(中止?)

と、いうことで、予定より早めに向かった みどりケ丘 は とんでもなかった

かなり風がきついというよりも  暴風&雨&寒すぎ  という前日とは正反対の天気

      

駐車場からグラウンドに向かう際、暴風にあおられ傘が瞬殺される羽目に。。。。

それでもなんとか、バキバキに折れた傘で吹き荒れる風とも格闘しながらの準決勝

Cimg7114

今日は いわゆる 泥んこサッカー ながら準決も勝利

   

そして決勝では、1-0での後半途中から出場のNo14にも

「ああぁぁぁぁぁぁぁ 惜しいぃぃぃぃぃぃぃ。。。。。」

というシュートが1本あったものの決められなかった

   

さて2日間を通して緊張気味のNo14に聞くと本人曰く

「初日、2日目とも上手くできなかった」 らしかったので、「さぁ今から、今から」 

と エールは送っておいた

  

  

  

本日の被害者(おちび)  寒く、風強しで横殴りの雨のなか合羽着て元気happy01 

Cimg7115

2012年4月21日 (土)

健康と美フェスタ2012 

第4回 健康と美 フェスタ2012 In パルスプラザ

昨年は震災の影響で中止であったが、ここに来るのは我が家の恒例行事でもある

ただ、今年は息子の試合へ駆けつけねばならず、少しよった程度。。。

Cimg7107

開場とほぼ同時にパルスプラザに到着するも、入場待ちの大行列。。。

先に入場の嫁さんとは別に、先ずは屋外でおちびとチキンラーメンの試食に

【いつも西京極でお会いするサポさん(お仕事中)とも びっくり対面でご挨拶】

   

さて、入場後、おちびと二人でぶらぶらしつつ、ペットフードコーナーで係りの人と話していると

意気投合?かなり気前よく、たんまりのキャットフード(まっちゃのお土産)をもらえたし、

ただぶらぶらしてただけでも各サンプル配布が始まるたびに、ちやっかりGET。。。

      

塵も積もれば・・・ではないが、合流した嫁が  「 sign02 」 するほどの大収穫祭happy01

【たった1時間程度ながら、入場時にもらった袋は既にパンパン】

結構な量なだけに、収穫品のお披露目は 見た人がひきそうなので、

やめておきます。。。

   

2012年4月20日 (金)

再講習(応急手当普及員)

京都市市民防災センターにて応急手当普及員の再講習を受けてきた

本当なら昨年の4月に改定のはずが 東日本大震災の影響もあり

ようやく京都でも応急手当普及員再講習が「ガイドライン2010」に従い実施された

        

近年(AED導入以後)は、手順がよく変わるイメージがつよいのだが

今回のガイドライン2010版での主な改定は

①呼吸を確認するときに気道確保を行わない

②人工呼吸より優先して胸骨圧迫から心肺蘇生を開始

③胸骨圧迫の深さを「4~5cm沈む程度」から「少なくとも5cm沈むよう」に変更

④胸骨圧迫のリズムを「毎分100回程度」から「少なくとも毎分100回」に変更

⑤小児に対しても成人と同じ方法で行う

⑥小児用パッドの使用が8歳未満から未就学児に変更   

などなど。。。。。  頭では分かってても①と⑤には少し戸惑った   

    

  

さて今日は更新の為の参加ではなく、改訂版(新ガイドライン)の修得なだけに僕も必死!

さらに今日の教官はこわもてながら、展示後の所感で的確に指導・助言をいただけたので、

今後の普通救命講習での指導に大いに役立つ有意義な研修となったのであった

   

少し真面目モードで、ひとこと、ふたこと。。。

「そのとき あなたは救えますか?」    

応急手当普及員は指導者というマニアックなものであるが

普通救命講習が皆さんの会社なり、地域(学校・町内)なり、消防なりで開催されれば

積極的に絶対に受講すべきだと思う

また1回受講して終わりにするのではなく技術維持の為、一定期間毎の再受講も必要

(今日来てた人の何人かも「おい!大丈夫か?」という人がいなかった訳でもないが・・・)

     

だってよく言われることだけど

「災害時・緊急時には普段できることの僅かなことしかできないのが実態。

 でも普段できないこと、やっていないことは、災害発生時絶対にできない。

 だから普段からの意識や備えの訓練が必要なのだ」 By誰かがこんなこと言っていた   

  

まぁとにかく、修得完了&更新完了

Photo          

2012年4月19日 (木)

エスコート当選(2012)

「エスコートキッズご当選おめでとうございます!」 とのメールがサンガからきてた

   

西京極にいきたくとも、サッカーの練習やら、試合なりの息子ながら

サンガを見に行きたい気持ちと同じく、毎年恒例のエスコートキッズにも執念を燃やしていた

息子にとっても平日のナイターは「観戦(応援)ヨシ!、各イベント申し込みヨシ!」 につき

1点集中狙いが功を奏し、第10節(4月27日)でのエスコートキッズが決定(当選)

  

「去年は(中山)ヒロキ。その前は確かディエゴか。 さて今年は誰がいい?」の問いには

「工藤(コウヘイ):No10」 「(中村)アツタカ:No23」がご希望とのこと。。。

要は自分とポジションが被ってる中盤の(そんなに大きくない)選手ということみたい

   

ただ親としての希望は No14の共演ってことで サンガのNo14 長沢駿 だな

2012年4月16日 (月)

2012年第8節 VS東京V

今季、西京極開催4試合目にして天気の心配無用となった sun

 第8節 VS ヴェルディ

Cimg7051

サンガより上位にいる ヴェルディ は叩いておきたいところだし

開幕前、自分的には今節と次節(VS横浜FC)が第一次正念場とふんでいた次第

            

さて、前半は互いに激しく攻めあう、迫力ある好ゲーム!!

ヘディングに至っては 秋田塾の影響か、ことごとくヴェルディが勝っていた気がする

ただ後半はヴェルディの猛攻をうけるも、水谷の気迫ブロックで事なきを得ること複数回

サンガも決定的なシュートが枠外へすっ飛んでいくなどスコアレスな状態がつづくも

前節に引き続き、交代出場の 彼 が 出場1分後(ファーストタッチ?)

ゴールネットに突き刺さる強烈シュートによる先制弾をはなち

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!! happy02     

大絶叫&いつも以上の狂喜乱舞モードへ突入sign03

Cimg7057

と、いうことで1-0でヴェルディを撃破!!

サポーターの皆さん達も みんな笑顔 で 笑顔満開happy01happy01happy02happy02happy02happy02happy01happy01 の西京極

        

   

それにしても  は すごすぎますな

Cimg7058

   

   

さて昨日の西京極は暖かかったというより、暑かった。。。

選手達も大変だろうが、こっちも 体力的には、かなり疲れた状態で

試合終了時点にはグデングデンになってしまうほど、体力消耗していたのであった