« 2013年8月 | メイン | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

2013年第35節VS長崎

本題に入る前の前置き

今日 仮面ライダーウィザード が 最終回となった

    

2_4 
   魔法の指輪、ウィザードリング  今を生きる魔法使いは  その輝きを両手に宿し

 絶望を希望に変える 

     

平成ライダーシリーズの中では僕的に上位に位置づけていただけあって寂しいもんだ。。。  

ってことで、余韻にひたり 西京極へ向かう道中(原ちゃ)では 

仮面ライダーウィザードのOPテーマ曲 【 Life is SHOW TIME by鬼龍院翔 】を

口ずさみながら 胸には 「希望」 を抱いて!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2013年第35節VS長崎 

 

Cimg2126 
西京極での開催は約1ヶ月ぶりにつき、気持ちも盛り上がってきたってことで

  

さあ、ショータイムだ!

 

Cimg2135   

開始早々から長崎の出足鋭く、高速プレッシャーもきつく攻め込まれまくりの幕開け

耐える前半かぁ。。。 が 脳裏に浮かんだ矢先

13分に福村のFKをバキが頭で合わせて、1stシュート、1stチャンスをものにして

本気(マジ)か!?  の先制

  

この後、長崎もひるむことなく攻めてくるものの、よくいえば気迫のこもったプレー

悪く言えば、荒いプレーが気になるものの前半は1-0で終了

そして後半開始早々の48分に福村のクロスに足をのばした駒井が気迫で押し込んで

本気(マジ)で!?  の追加点

   

この後の 「 ゴール前で転ばなければ・・・  入ってたん違うの・・・ おい!三平・・・ 」 に

【本気(マジ)か?】 三度程、天を仰ぐシーンがあったもの、追加点には至らず終了

   

Cimg2143 
本気(マジ)だ!!!!  の勝ちとなった 【これでリーグ戦4連勝】

こうして 結果&内容に満足の ショータイム が終了

    

残り7試合

最後の希望 と言うには 少しばかりはやいが J1昇格への 希望 を託すとともに

今年こそは近年、何度も味わってきた 絶望を希望に変える (変えてくれる)ことを信じてる

Cimg2141 
   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、ここで番外編

サポシ右端軍団のサポ仲間が クロックスTボールをゲット

ご本人了承により、当ブログで公開

Cimg2127 

Cimg2128 

エンブレム上の サインは 久保裕也(強調ポイント)

2013年9月25日 (水)

夏の自由工作展示

先週末の出来事

 

おちびが足取り軽く向かうのは・・・

Cimg2033 
Cimg2044_2

宇治市こども手づくり文化祭 in 文化センター

 
これは市内各小学生(各学年)の夏休みの自由研究(工作)の展示会

上の二人も、出展してもらったていたことがあり、おちびも肩を並べるに至った次第。。。

Cimg2036_2

          

今回の工作モデルにしたのは by 京都水族館

Cimg1966_2

 

2013年9月24日 (火)

スタンプラリーに備えて

もうすぐ 秋の宇治での恒例イベントともいえる スタンプラリー が今年も開催される

少し気が早いが 2013年版 宇治十帖スタンプラリー台紙 を手に入れた

Cimg2047_2

今年の目新しいこととしては  ゆるキャラポイント  が設けられているようで

宇治市宣伝大使「ちはや姫」 & 宇治ご当地キャラ「チャチャ王国のおうじちゃま」 

を見つければ、記念スタンプがもらえるようだ 【スタンプラリー踏破に関係ないスタンプ】

この ゆるキャラ がいる場所のヒントは 台紙に書いてあるので、ヒントを手掛かりに

探すのも、楽しみかと。。。

 

源氏ろまん2013 第23回宇治十帖スタンプラリーは 

10月26日、27日、11月2日、3日、4日 に開催される

狙いは初日の26日 基本コースとするか、健脚コースに挑むか。。。

※ 26日は宇治橋通りで わんさかフェスタ も開催される模様 

 

2013年9月23日 (月)

秋を感じてソフトテニス

今となってはソフトテニスネタにおいては 

「 ☆ヶ月にぶりに練習に行った 」 というのが定番シリーズとなっている、ここ数年

今回は 2ヶ月ぶりに 練習にいった次第 

今年は 夏を感じぬまま今に至る

   

Cimg0377
今日の向島コートは 心地よい風があり秋を感じるものの、

照りつける日差しはまぶしく、動き回っていると、汗まみれとなり、 まぁなんとも暑い

     

最初の軽めの乱打にて 「 意外に打ててるかも 」 という勘違いをしてしまい、その後の

基練やゲームに挑むも、コート内で勝手にドタドタ・バタバタしていた的な3時間。。。

とにかく疲れた、ただただ疲れた、むっちゃ疲れた で ぐったり・バッタリ とは情けなや・・・

Cimg0376
   

昨夜は、お疲れモードで早々に爆睡となったのは言うまでもないものの

お疲れもすっきり解消し、今朝の覚醒は スッキリ!! でも体が痛いshine

2013年9月22日 (日)

2013年第34節VS富山

第34節 VS 富山 は ホームゲームながら、鴨池開催

午前中に練習(向島コート)へ行っていたこともあり うつらうつら しながらのスカパー観戦

  

実況いわく、桜島が噴火したようでピッチにも火山灰が降り積もっていた模様

画面越しでも ピッチから舞い上がる灰を見受けた     

  

さて、試合は 序盤から カターレ が押し気味に進め、カターレの勇気を数多く見れたと思う

サンガは耐える形での出だしとなったが、そんなに悪くはない

実際、いい意味で 好ゲーム であったと思うが、今のサンガに必要なのは結果であり

目的は 勝ち点を積み上げることながら、前半は 好ゲーム であったが 0-0 で終了

    

そして後半(眠気は吹っ飛んだので、しっかり観戦)

開始早々から前半とは様変わりとなる、攻める京都に対し 耐える富山

55分にCKからの競り合いのこぼれに走りこんで来た 酒井が決めて先制 note

その直後から イケイケモード へ突入し、59分には  相手ハンドによる

ラッキーーーーーーーーーーーーーーー! PKキターーーー!! happy02

で、PKを横谷が決め 2-0 note

さらに、とどめをさすべく、超決定機と思われた工藤のシュートはバー直撃となったが

楽しすぎheart04 な時間を満喫していたものの・・・

78分にカターレが綺麗に繋いできたボールを確実に決め 2-1 down 

この後は、前半の開始早々の如く、息を吹き返してきたカターレに対し、耐えるサンガ。。。

耐えて、耐え抜いた89分に宮吉からの技ありラストパスを受けた三平が決めて3-1 note

勝ちキターーーーーーーーーーーーーーーーーー! と、安心していたものの

92分(AT4分)に裏を取られて失点(3-2)down

「最後の最後まで、楽にさせてくれんな。。。」 呟きながら

ラスト2プレーあたりからは画面越しに「 主審よ。はよ終われannoy 」と大絶叫もしてみた今節

あれよ あれよと あれよで 三連勝だ

5 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

次節【第35節:9月29日(日)】 は 長崎を 西京極で迎え撃つこととなる

僕の次節にかける個人的テーマは 「 希望 」 

言わんとすること、分かる人には分かると思います

2013年9月21日 (土)

亀岡に行ってみた

今日は 「 亀岡サッカーデー ~京都サンガフェスタ~ 」 が 亀岡市内で開催された

別に、このイベントに興味あったから、亀岡に行った訳ではない

むしろ、目的地①(夢コスモス園)に隣接する運動公園でイベントが予定されていること

目的地②(ガレリア亀岡)でもイベントが予定されていることから

あおりを食らって、駐車場とかが混雑したら嫌だと思っていた程だった。。。

        

さて、運動公園ではスポーツフェスタ(キッズ・ジュニア・ユース向けのサッカー教室) および

選手サイン会、グッズ販売会があったようだが、見に行ってはいない。。。

         

ガレリアかめおかでは「市民と共につくる亀岡スタジアムー視点・論点を探るー」フォーラム

が開催されていたが、うちは鉄腕ダッシュで紹介してた、道の駅に行きたかっただけ。。。

とはいえ皆が ガレリアかめおか を探索している隙に、一人でフォーラムへ立ち寄ってみた

Cimg2074_3 
第一部は今井社長による基調講演 「クラブとホームタウンの関係」 

僕が到着したのは、第二部のパネルディスカッション 「市民と共につくる亀岡スタジアム」 

の開始直前だった。

この講演は亀岡市民講演会という位置づけらしいが、自由入退場とのことだったので

講演資料をいただき入ると、100人位の聴講者がおられた。

      

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Cimg2076_3 
さて、このガレリアかめおか内には、多くのサンガ応援旗が掲げられていたが 

昨年の建設地決定時に「サンガホームタウンでない地域にスタジアム建つってどうよ?」の

亀岡市って、もう、サンガのホームタウンに組み込まれんだっけ?

また、ここ亀岡にスタジアムが完成した場合、その名称は

「京都スタジアム」 なのか 「亀岡スタジアム(亀スタ)」  と、気にかけた次第 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・        

 

僕的に勝手なこというならば

今もって、昨年に建設地が亀岡に決まり、亀岡まで行かねばならぬと思うと気が重い。。。

原付での移動という選択肢が消えたとなれば、アクセスは車か電車となる

今回、車で亀岡を訪れたことで、高速を使えば西京極に行くのと時間的には同じ位と判明

でも、高速料金で往復2000円程、駐車場代も必要だろうしコストUP & 渋滞を心配

仮に電車で行くならば、ホームなのにアウェイ感満載の移動となりそうで気が重い。。。

 

近いようで、遠い 亀岡。。。

夢コスモス園へ行ってみた

世間では3連休が多いだろうし羨ましい。。。 

さて、僕自身ももこの2日間はブログネタになるイベントが目白押しとなる

    

この3連休を利用し、山口県から じいさん & ばあさん が来られたこともあり

今までは、殆ど行ったことがなかった亀岡方面に行ってみた

    

京滋BP経由 京都縦貫道の開通区間(大山崎ー沓掛)を初走行し、亀岡ICへ

大山崎ー沓掛の開通後、初めて通ったが、めっちゃ速いし、便利。ただ高速料金高すぎ・・・

   

いよいよ 亀岡 夢コスモス園 へCimg2048
  

しかし、今日は暑かった!!

また肝心のコスモスも現時点では、生育不足らしい

そのため、通常の入場料金の半額キャンペーンを実施されていた

広い園内の、コスモス畑は大きなスペースであり ベストの時期には 圧巻となることだろう

   

無料駐車場のほか、物産・飲食ブース、休憩所、ドッグランがあり、のどかな感じ

ただ、肝心のコスモスが 「  ・・・・  」 

Cimg2054

とはいえ、折角の機会ということもあったので、入場組みにカメラを託し、僕はベンチで休憩

       

園内では かかしコンテスト も開催されていた

       

               Cimg2056

Cimg2058_2

Cimg2064_3

                                                              

    
 

かかし ではないが

亀岡市観光マスコットキャラクター の 明智かめまる

Cimg2053
   Cimg2070

 

2013年9月20日 (金)

残念 天を仰ぐ(2013)

毎年の恒例開催である区の自衛消防隊訓練大会

今や 「 (自称)ヘッドコーチ 」 に転進し、2回目となる大会。。。

 

Cimg0367_3

             

今夏の酷暑に耐え、社内で何度も小型動力ポンプ練習を続けてきたメンバーの上達は著しく

僕の感覚では 「 (賞は) 狙える 」 出来栄えで迎えた今日。。。

         

消火器・屋内消火栓・屋外消火栓が終わり、いよいよの出番に会場の雰囲気が変わる。。。

いざ、訓練開始 (僕は見守りのお祈りモードへ) 

独特の雰囲気や一発勝負という緊張感から、細かなミスが出てしまった

片や平行で同時進行のチームは順調に進み、こちらの放水が10秒程度ながら遅れてしまう

また、撤収合図の声が相手チームと被りメンバーが聞き取れないアクシデントも発生したが

  

その後の撤収は  劇速  で巻き返し!!

      

出番終了後、細かなミス (僕も気づかなかった程度) を反省しあうメンバー達

その各自の想い・悔しさがわかるだけに、見てても痛々しい。。。

「大丈夫!よくがんばった、上出来!」 な~んて声を掛けるてみたものの

その悔しい気持ちには、自身の経験からも何の慰めにもならないのは分かっちゃいること

       

さて、いよいよとなる閉会式での表彰式を観覧席から見守っていたが

正直、賞は厳しいと思っていたものの、実際に名前が呼び上げられなかったときには思わず

天を仰いでしまった

           

まぁ優良賞、優秀賞を狙うだけなら、毎年同じメンバーで挑めば超簡単

うちの会社は、良くも悪くも毎年、メンバーを入れ替えている。だから、難しい面もあるものの

ゼロからスタートするからこそ、普段学べないような多くの事を新鮮な気持ちで学んでもらえる

絶好の機会。。。  

挑む姿勢、積み重ねてきたことこそが大切なんだ と分かっているものの

やっぱり 獲らせてあげたかった。。。

  

帰り道、帰社後に 「悔しい」 とつぶやくメンバー達

思い通りにできなかった、その悔しさは、痛いほど分かる

そして、久々に 2年前の あの日の自分を思い出してみた今日この頃。。。 

http://sanga.blog.eonet.jp/kimama/2011/11/post-f2eb.html

2013年9月16日 (月)

初大雨特別警報&避難指示

台風18号の影響で、降り続く雨のなか、未明や超早朝のエリアメールに加え

5時台には宇治川の方向から聞こえるサイレン音に、不安が募る

       

そして、TVをつけたら 渡月橋 のとんでもない濁流映像が目に飛び込んできた

    

世間は3連休とはいえ、僕は通常出勤日。。。

非常事態避難を想定し車を託し、自分は原ちゃりで出勤

「まぁ、大丈夫だろう。。。やばくなったら帰ればいい!」と、思った次第

ただ心配なので、出掛けに宇治川を見に行くと、かなりの増水&濁流に

「 sign01sweat01 」

堤防決壊まで2~3m位に押し迫っていたものの、堤防を通行止めにしている訳でもなく

「 大丈夫! ダムもあることだし、まぁ堤防決壊は無いだろう。。。 」と、会社に向かう

  

さて普段、祝日の出勤時は道が空いているものの、今日は大渋滞 【各所で通行止めしていた】

会社も、甚大ではないとはいえ風雨での被害があり、あれやこれやしてた 9:00頃

家から 「 避難指示が出て、広報車が避難呼びかけているし、避難する 」 との連絡に

 「 sign03 」

聞けば、家から見える範囲に水が近づく切羽詰った状態ではないらしいが

車で実家に移動するとのことで車を置いてきたのは正解だったなと思った次第

僕も、のんびりしてたのは、恥ずかしながら、言葉の定義を間違っていた訳で

    

僕の思い込みは  避難勧告>>>避難指示 だった訳だが 

正しくは       避難指示>>>避難勧告 だったようだ

避難勧告:該当地域に居住する方は計画された避難場所などへの避難行動を開始してください

避難指示:人的被害の発生する危険性が非常に高い状況です。直ちに避難してください

    

結局、幸いなことに、我が家や近所は事なきを得たものの

昨年、宇治を襲った局地的豪雨を思い出した人も多かったことだろう

また、ニュースに流れる右京区や伏見区、福知山市など甚大な被害状況には心が痛い。。。

   

僕自身 「 大雨は別にして 京都 は台風の影響を受けにくい土地 」 という認識を

悔い改めなければと痛感した今回の台風18号であった   

 

参考までに国土交通省発表の宇治川水位の推移

1

2013年9月15日 (日)

2013年第33節VS千葉

息子と二人でスカパー観戦eye   となった第33節VS千葉

  

「やっぱり佐藤勇人かっこええわぁ」 と、隣から聞こえてくる声とともに キックオフ

      

序盤から、気迫がひしひしと伝わってくる、ジェフが主導権を握る展開で試合が進む

シュートで終わるジェフに対し、シュートまで持っていけないサンガという構図の前半は

シュート数は互角ながら・・・

可能性あるシュートを放つ千葉の怒涛の攻撃に対し、可能性の欠片を全く感じない京都

     

よく耐え忍んだという感想を持った前半を 0ー1 と何とか凌いだ形で終えたのであった

実際この前半を観て、画面越しに 

「はぁ。。。sad」 と、幾度と無くため息をつき。 「まじか。。。angry」と怒りを露にすること、数多し

    

ところが後半は一転して、サンガが主導権を握った

と、いうか、ジェフが前半と全く違うチームになってしまったことが不思議すぎるこの試合

後半はボールが繋がりだし、セカンドも拾えるようになり、一気に先が明るくなった

(多分、工藤)のオーバヘッドは惜しくもバー直撃ながら、

66分にゴール前の混戦を安藤が押し込み先ずは同点

この後も、サンガの攻撃は緩むことはなかったが、一押しが足りぬまま

後半途中出場の中村祐哉が停滞気味の攻撃を打ち破る、素晴らしいアクセントをもたらし

最近では殆ど見る機会が無かった カウンター で 77分に山瀬がぶち込み逆転に成功

   

この後も、危なげない試合運びで 2-1 の 逆転勝利となった次第

さぞかし、現地のサンガサポの皆さんは狂喜乱舞となったことでしょう

    

前半と後半での千葉の変わり様が、一番のびっくりだった第33節。。。