« 高校サッカー(2016.6.25) | メイン | 2016年第8節VS熊本 »

2016年6月27日 (月)

2016年第20節VS松本

2016年明治安田生命 J2リーグ第20節 VS  松本山雅

Cimg9914
 

前節(VS 東京V)の敗戦を受けてなのか非公開練習を敢行するなど

さぁ意地を見せてくれるか期待した今節     結果は完敗sweat02  

苦手意識というには選手たちも入れ替わっているのだが、もはや相性の問題なのか?

 

そんなつまらぬ前半を0-0で終われば、後半に入れば 眠くなってきたsleepy

久しぶりのナイターだったからか、あまりの眠気に後半は声出しやめての地蔵状態sweat01

失点を許し、更に追加点を与えた際には 地蔵もやめての着席での観戦へsign04

 

そうです。僕は怒ってました!! あまりの怒りに応援をやめたわけ

そういう冷静な状態で、サポシを体感すると、サンガサポの声が少ないことに気付く

またサポシのあちこちでも応援以外の声や主審への怒声が飛び交っていた

審判や相手選手に文句言って、憂さ晴らししたい気持ちもわからんでもないが

相手や審判ががどうこうよりも、それを跳ね返して勝つことが必要

「紫軍団よ J1を目指しているんですよね??」 的な第20節であった  

   

そんな試合終了後、さっさと帰ろうと思った瞬間に歌いだされた リメンバー 

「なんなんそれ?傷の舐めあいか?」 的にも苦笑いしつつな第20節でもあった  

   

      

さてさて、今日もおちびと共にサポシであったが

本当はサッカー少年も部活の仲間と来場予定だったが、期末試験のため、当日断念sweat01

来たかったのは 山雅の応援を観たいeyeshine のが理由であった

    

一方、超珍しく嫁さんがホーム自由席(無料券ゲット)で友人と観戦eyeshine

山雅の応援について聞くとearshine

「纏まっていて、試合前から笑顔に溢れ、一体感あって、楽しんでいる」との感想up

最初はSB側にいたそうだが、あまりにも楽しそうなのでAWAY側に寄ったらしい

   

念のため、サンガの応援を聞くとearshine

「バラバラ、応援の声も殆ど聞こえないし、相変わらず」との手厳しい感想down

   

その中でも一番面白かった感想は、山雅の選手紹介アナウンスにおける安藤の時

「サンガ側から歓声聞こえたし、今も みんな 安藤 好きやねんねnote」 だってさ

ブーイングさえも伝わらず(笑)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/414187/33867193

2016年第20節VS松本を参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。